書籍

「地方から考える社会保障」

編:地方から考える社会保障フォーラム運営委員会

  • 価格:1500円+税
  • A5判/240ページ
  • 発行:社保研ティラーレ
  • ISBN978-4909015006

寄稿:

  • 江利川 毅
  • 宮島 俊彦
  • 武田 俊彦

執筆:

  • 長南 幸子(北見市議会議員)
  • 天目石 要一郎(武蔵村山市議会議員)
  • 鈴木 明(武蔵村山市議会議員)
  • 長友 よしひろ(神奈川県議会議員)
  • 芳野 正英(三重県議会議員)
  • 丸山 征司(安来市議会議員)
  • 戸倉 多香子(山口県議会議員)
  • 田辺 よし子(下関市議会議員)
  • 濵岡 歳生(下関市議会議員)
  • 西濵 和博(八代市議会議員)

人口の減少に歯止めが利かない。
「少子高齢化社会」とは、「支える側」の人口が減って「支えられる側」の人口が増える社会です。そして現在、介護、子育て、地域医療、雇用、障害など、社会保障に関する問題が山積みとなっています。
本書は、社会保障政策について中央で立案する立場で関わってきた元厚生労働省の江利川毅氏、宮島俊彦氏、そして現役の医療生活衛生局長の武田俊彦氏らの寄稿、インタビューを掲載。
さらに、その社会保障政策の担い手である地方議員の方々は「少子高齢化社会」という現実のなかで「わがまちの社会保障」にどのような展望を描いているのか、10人の地方議員の声を募り執筆いただきました。
私たちは、目前の社会保障問題にどう向かっていけばよいのか。本書にそのヒントを見出していただければ幸いです。
(第2弾 2017年11月頃 発刊予定)

※書籍のご購入、 第2弾のご執筆に関するお問い合わせはこちら